街歩きとか日常のいろいろ

旅した街やご近所やオイシイものなど。

ジョホールバルで待てど暮らせど食べ物が出てこなかった

昼間暑かったので、ホテルでダラダラしていたらお腹が空いてきたので、またまた朝行った地域に行ってみた。朝通りかかった時に大好きな「ニョニャクエ」を出しているお店を見かけたので行ってみた。蜂蜜レモンみたいなお茶とお粥みたいなのとスイーツを頼んだ。

このお店、オーダーがQRコードからするのだけど、スタッフの男の子が、私が外国人だとわかってわざわざ自分のスマホからオーダーを入れてくれたのだが、これが間違いだった。

 

だくさんのおいしそうなスイーツメニューを見ながら時間をつぶしたが、30分経っても注文したものが出てこない。店員さんに注文したものが来ていない事を言うが、何をオーダーしたのか聞かれるも、自分がオーダーしてないので「あなたのオーダーが見つからない」言われる。私のオーダーを取った男の子、上がってしまったのか見当たらない。

さすがにマレーシアと言えど30分は無いだろうと思って空腹のまま店を出た。

 

店の雰囲気はとてもいいのだが、店のシステムとサービスが伴っていないように感じた。自分で頼めば、「何時に頼んだのに!!」と画面を見せて文句も言えただろうが…ニョニャスーツ食べたかったな…としょんぼりだった...

次にこういったことがあった時に店員さんに言うために、この後台湾人の知り合いに、「注文したものが来ていません」は何といえばいいのか確認した私でした。

 

「我點的東西還沒來」です。

 

ジョホールバルの朝ごはんはお早目に!

翌朝、ホテル近くにあるHiap Joo Bakeryに行ってみました。この辺りでは有名なバナナケーキのお店。特にバナナケーキが好きってわけではないけど…OPENが8時なのでそれに合わせて行ってみたけど、すでに列が…貼ってある価格表を見ているとバナナケーキは5ピースが最小のよう。

こういう時、一人旅って困るよね…5個はいらんのよねー。結局ここはやめてほかのお店を覗いてみる。

 

すでに人気のお店は長蛇の列!

こんなに朝ごはん食べたい人いっぱいいるのか!!シンガポールから遊びに来ている人も結構いるらしい。

ネコさんがカフェの前で居眠り…カフェに飼われているのか人懐っこい。逃げる気配も無い。猫も店が開くのをまっているのかな…私も開けてほしい…

近所をぐるぐるしてみたけど、入りたかったお店はすべて並んで待つ。という具合ですぐに入れそうな、自称・プラナカンの料理を出すと書いてあったお店に入る。まあ朝はナシレマかカヤトーストを食べている人がほとんどで、私もカヤトーストにした。来る前はナシレマをお腹いっぱい食べたいと思っていたけれど、朝からナシレマを入れる元気がなく断念。

ジョホールバルの朝ご飯はノロノロしていたら朝ごはん難民になります!(この日は祝日だったからってのが一番だけどw)気をつけましょう!!

 

goo.gl

 

 

ジョホールバルの夕べ。

洗濯ものを干して、夕飯に出かけました。

駅前のシティスクエアというショッピングモールの中に「何成記」という雲吞麺屋があり、オイシイという口コミを見たので行ってみました。

 

かなり広いお店で、家族連れのお客さんでにぎわってました。マレーシアの祝日なので当たり前なのかも。一人でご飯を食べているのは私だけと言っても過言ではない。最近年のせいか、そういうのが寂しいと思ってきました…。

 

チャーシューがのった汁なし雲吞麺です。日本だとワンタン麺というとスープに入ったのがポピュラーですが、こちらは汁なし、結構あります。シンガポールでも良く食べます。麺がいい感じのゴム感(←ディスっているわけではない)で、お肉も味が染みていてオイシイ。が、本当に家族団らんの中にポツンと私がいるのでどうにも居心地悪く、食べて早々に出てしまった。

ここ、ロボットが料理を運んでいて、子供たちが目新しい動きに釘付けでした。

1階に降りて、せっかくなのでマレーシアと言えばcoffee Beanという事で、食後のお茶タイム。もともとはアメリカのカフェなのに、シンガポール・マレーシアでよく見るので「マレーシアと言えば」みたいになっている。

さて、私が入った時、オーダーをしているお客さんは私を含めもう1名だけだったのだけど、とにかく時間がスローで私のコーヒーが出てくるまでに20分は待ったと思う。しかし、ここは海外。急いでいるわけでもないので、だらだら待ちましたよ。

ダラダラが過ぎて…靴脱いでます…。こうして海外にきていることが幸せだなー。

ホテルへ帰る道、奥ではこじんまりとナイトマーケットやってた。もう10年以上前にはなると思うけれどジョホールバルに来たときはシティスクエアもなくて、ここもこんなきれいな感じではなかったと思うのだけど、きれいに整備されていて数年後さらに変わるのだろうなー。

ジョホールバル、ちょっと寂しい街歩き&ショッピングモール

ホテルの近くにジョホールバルの中華街みたいなところがありました。結構人気なお店があるみたいで、ブラブラしてみましたが…

特に朝がにぎわっているようで15時くらいの中途半端な時間は活気もなく…

右の赤いお店はフライドチキン屋。ナシレマとかもあるよ。でも私が通りかかった時はまるで休みのような雰囲気が…あまり、人もおらず活気が無かったので早々に切り上げて、洗濯しにR&F mallというショッピングモールに行ってみた。ホテルから歩いて8分と出ていたが、かなり大きな高速みたいな道路の突っ切り方がわからず、Grabのお世話になる。

このショッピングモールの口コミを読んだ時、「あまり店がやっていない」「ゴーストタウンのよう」などと書かれており、いったいどんな感じなのかと思って行ってみると…。

祝日だったこともあり、中庭みたいなところで夏祭りみたいのが開催されていた。食べ物さんや雑貨屋、洋服、ゲーム、色々あって家族連れがたくさん来ていて賑やか!楽しそうじゃん!

こーんな感じ。でも賑やかなのはこの中庭部分だけで上の方はほとんどお店はやってませんでした。やっていたのはコンビニ、スーパー、一部のカフェで、まだ店舗さえ入ってない場所も多そう。相当大きな場所なので、全部お店が入ったら、さぞかしスゴイ場所になるでしょうよ。HPを見ると8月中の金曜日~日曜日は中庭で夜中までイベントをやっていたようで、活気が出てきたかな?

モール内にあるコインランドリー。そうそう、「コインランドリー」って和声英語なのでGoogleで近所の「コインランドリー」を探したい時は「laundromat」って探さないと出てきません。これ、一般常識?私は5年前くらいに知ったのでした。シンガポールでは「self-service laundry」って出てるところもあったけど。

ここ、洗濯機の台数は充実していて、結構利用している人が多かった。

水で洗うのは220円くらい、お湯だと250円くらいです。洗剤は別の販売機で購入するようになっていたけど、私は日本から持っていきました。エコバックがかかっている洗濯機が私が使ったマシン。(エコバックは香港で買ったやつ←どーでもよい情報)

終わるまで40分くらいかなー。中に椅子があってその場で待っていることもできます。ホテルに洗濯物をもって帰ったら、Tシャツ1枚持って帰ってくるの忘れました…。首回りのびていたし、色も薄くなっていたし、取りに行く事はしませんでした~

 


 

3日目:ジョホールバルに移動してきて正解!

税関では面倒くさいことがあったけど、ジョホールバルの2泊3日スタート。

ホテルに行くのに配車サービスGrabを使用したのだけど、この時マレーシアはハリ・ラヤ・ハジでGrabを待つ人だらけ。配車APPのあるあるだと思うのですが、自分の居場所がどうも正しく表示されないようで、何回か運転手と会えなくてキャンセルしたりして税関抜けてから車を1時間も待ってしまった。

やっと車に乗ってホテルに着いたら3分くらいだった…バカ。

しかしホテルはとても良かった!!

泊ったのはZホテル。シンガポールとマレーシアの海峡が良く見える場所にある。駅の近くのショッピングモールまで約5分、税関までも15分くらい。

ホテル自体も新しめなデザインホテル。

ホテルの入口。かわいい演出です。部屋にも若干元気のないグリーンが置いてあって、思わず水あげた。

部屋番号がオシャレすぎて見つけられなかったよ…

部屋もとても広くて大きな窓もあり快適。天井にファンがついていてその風が心地よい。テレビのチャンネルが充実。Wi-Fiの通信環境も良い。

バスルームはシャワーのみ。トイレとシャワーのところにはガラスのドアがあるのでトイレ側が水浸しになることなし。(これ大事。)

なぜかトイレにトイレットペーパーの設置場所が無く、さらにトイレットペーパーも無く「外国人もお尻を洗う?!」と思ってしばし(数時間)この状況を悩んだ。ドラッグストアでトイレットペーパーを買ったほうがいいのか?と真剣に考えた。3年間のブランクで、感覚がおかしくなっている…まじでドラッグストアで4個くらいのトイレットペーパーが無いか見た私。でも悩むこたぁない。フロントに言ったらもらえた。(当たり前だけど)

バスルームの前の荷物置き場。たっぷり!!すぐ部屋を散らかす私にはこういう場所があるとありがたい。そして洗濯物もここに干せる。

一階にカフェがあったけどコロナ禍の影響だと思うけどクローズ。ちょっとコーヒー飲めたりすると便利だったのだけど。

 

円安でシンガポールのホテルが高すぎて、ずっとシンガポールいるのがつらすぎて移動してきたけど、移動してきて正解!1泊6000円ほど。これでも高い方だと思うのだけど、シンガポールで6000円で泊まろうとしたらカプセルホテルくらいでしょう。1時間くらいの移動でこのホテルであれば移動の判断は正解でした!

goo.gl

3日目:マレーシア移動日、マレーシアで問題勃発!

 

シンガポールに来て3日目。マレーシア移動日。

joo chatのホテルともこれでお別れ。前日、高いシリアルを食べたカフェに行ってみるとパンが並んでいたので、この日はパンとコーヒーを買ってホテルでいただいた。

部屋で朝ごはんを食べていたら窓をたたきつけるほどの雨。マレーシアに移動しようと思っていたが、雨の中トランクをもって歩くのが嫌でしばし部屋で待機。でもこういう雨、シンガポールらしくて嫌いじゃない。

1時間後くらいに雨が止んだので外に出てみると、青空が少しずつ見えてる。蒸し暑い中、ホテルの前のバス停から、マレーシア・ジョホールバルに行くバスターミナルに向かう。

バスターミナルはクイーンストリートという場所にあるのだけれど、変なところで方向感覚を失い、無駄に歩いてしまった…。雨の後だったから気温はさほど高くなかったけど自分のバカさに「もー!」となりながらバスターミナルに到着。この時交通系カードにチャージされてなくて現金でチケット購入。約500円。チャージされてなかったことが後にも響くことをこの時知る由もない。

バスは超普通の路線バス。マラッカ行きとかになると、さすがに時間もかかるのでちゃんとした観光バスみたいなやつだけど、ジョホールバルは1時間くらいだものね。私は座れたけど結構立ってる人も多かった。そして、相変わらず寒い…

いつも税関に近づくとスゴイ混み合って動かなくなるのだけど、今回ほど順調に税関を通ったのは初めてかも。今回の旅は税関通れるかその都度心配になったけど、シンガポール側の税関はパスポートを機械にかざすだけでスムーズに突破。路線バスはしばし税関で止まっていてくれるのだけど、乗ってきたバスにそのまま乗れるくらいスピーディーだった。もし乗ってきたバスか行ってしまった場合には、後から来るバスに乗ればOK。

シンガポール出国後、5分くらいでマレーシア側の税関に到着。マレーシアのルールに沿ってアプリも入れたしそこにワクチンの情報もばっちり入れてました。シンガポールはアプリに情報を入れることでパスポート情報と紐づいていたので、絶対大丈夫だと思っていたら、いきなり止められた!!

税関の係員さんは若い女性の方でしたが、「なにしに来たの?」みたいな感じで、結構嫌な感じで聞かれたので「観光」と言ったのに、シンガポール労働許可証を見せろと言われた。

え?東京から来た観光客だと言ってるのに…

どうも噛み合わず、たぶん私が聞き取れていない英語もかなりあったのだろう。隣の窓口に並んでいた客が「この人は観光だってよ」みたいなことを言ってくれて、しぶしぶハンコを押してくれた。

一体何が問題だったのかわからず、スゴイもやもやした!出鼻をくじかれた感…

この後Grabを頼んでもなかなか来ないし、いざ乗ったら、全然歩ける距離だったり…

なんだか日が悪かったみたい…

 

日本の飲食店の進出激しいサンテックシティ

ご飯を食べた後に港に行ってみようかと思い、大きなフードコートがあるサンテックシティというショッピングモールに来ました。行く前は「久しぶりの海外だから円安なんかかんけーねー」と"小島よしお"ばりに思ってましたが、いざ来てみたら思っていた以上に激しくて、今回はフードコートやホーカーに大変お世話になりました。

サンテックシティ、そこには日本企業の飲食店がめちゃあるではないか!!

たぶん日本より高いであろう「すき屋」。

スシローはかなり大きな店舗で大人気!とてもきれいな店舗で高級寿司店に見えました。そのほか吉野家、星乃珈琲などなど。

旅行者としては日本企業のお店、いらん。とか思ってしまうのだけど人気があるのは良いことだ。

私はフードコートのチキンライス(スチームじゃない方)を。確か5ドルくらい。

久しぶりに食べたチキンライスは本当に美味しく感じて、美味しさ噛みしめたわ。有名店のとかではないので多分、毎年行っていたころに食べたらそんな風には思わなかったでしょう。

ここで会計するとき交通系カードで払ったのだけど、1回目うまく会計が通って無いといわれ2回タッチしたんです。何も考えず食べ終わって食器を戻して帰ろうとしたら、店員さんが広いフードコートの中、私を探していたようで(良く見つけたね!)会計が2回通ってしまっていたとのことで返金に!

当たり前のことだと思うんだけど、この時相当フードコートの中混んでいて、ほんと良く探したなあと。ありがとう!こういうちょっとしたことでも旅行中だと嬉しくなる。

 

巨大モールの中で、港の思ったところに出れなくてウロウロしていた時に、モールの中で学生さんが作った「未来のシンガポール」的な建築模型がたくさん!

色んな若者たち(関係者以外にもショッピングに来ていた若者)が熱心に展示を見ていて、今後のシンガポール楽しみだなーって。でもこれ以上ホテルが高くなるのは勘弁!

 

goo.gl