街歩きとか日常のいろいろ

旅した街やご近所やオイシイものなど。

2019年12月末 台湾の旅(台中・嘉義・台北)1

f:id:tomo_JPN:20210227102526j:plain

 

ずっと書いていなかった2019年12月末の台湾の旅話を。もう誰も旅の話なんか(特に海外の話)欲してないと思うけど備忘録として。

この時の台湾旅行は中部を中心にマジョリカタイルの博物館と大好きだった台湾ドラマの地を訪れるのが目的!

旅行スケジュールはこんな感じ。せわしない…

-------------------

2019年12月26日 夜、東京→深夜、台北着→深夜バスで台中移動(台中泊)

2019年12月27日 台中→嘉義へ電車移動(嘉義泊)

2019年12月28日 嘉義→台中(台中泊)

2019年12月29日 台中

2019年12月30日 台中→台北

2019年12月31日 台北→東京 

-------------------

f:id:tomo_JPN:20210227102751j:plain

 まずは成田から久しぶりのエバー航空で桃園国際空港へ。

 

f:id:tomo_JPN:20210227103253j:plain

2018年の12月の台湾に行ってましたが、深夜到着だとSIMカードを買えるところが無かったので、事前にアマゾンで購入してましたが、2019年は到着して税関出たのが深夜12時過ぎでしたが、SIM カードやさんがやってました!ただし待っているお店もあり。

 

f:id:tomo_JPN:20210227103606j:plain

桃園から台北に移動して台北で1泊してから台中に移動は、昨今の台北のホテルの値上がりを考えると痛いので老体にムチ売って深夜バスで台中に移動!買ったチケットが深夜1時発で、もうバスの出発前から疲労困憊…インスタに、これUPしたら、台湾在中の知人にも「自分は無理」と言われる。まあ不可能ではないけど、強行っちゃ強行。

 

f:id:tomo_JPN:20210227103946j:plain

 バスに乗り込んだけど、極寒!!!

いや、わかってたから日本から着てきたものをもって乗ったけど、それでも寒い!!トイレ行きたくなったら困るじゃん!海外のバス移動って、いつトイレ休憩があるかわからないから困る…まだ台湾で車内のトイレ使ったことない…と凍えながら2時間くらいかけて台中へ移動。翌日、台中に同じ方法で移動してくる友人に早速状況を報告しておく。

f:id:tomo_JPN:20210227104759j:plain

 夜中の3時について歩いてホテルに行くなんて、絶対やっちゃダメなやつ。何か事件に合ったら、間違いなく「自己責任」と言われる事案。

着いたホテルは「新盛橋ホテル」。深夜だったこともあり、入り口でインターホンを鳴らして入れてもらう。部屋は狭いけど新しいので日当たりもよくて、駅近なので○。

確か3000円/泊くらいだったと思う。

 

f:id:tomo_JPN:20210227104816j:plain

 ホテルの隣にある台湾式ハンバーガー「刈包」のお店(新盛刈包)で使えるクーポンをホテルでもらえるので朝ごはんにいただきます。ちょっと日本風なつくりのお店。「新盛橋」って日本統治時代に栄えた場所だそうです。今はこの地名は残っておらず中山綠橋となってます。

 

f:id:tomo_JPN:20210227104834j:plain

 バンズがフカフカでめっちゃおいしかった!!また食べたい!!

さてこの後は嘉義に移動です。

世界的アーティストの台湾隔離生活

f:id:tomo_JPN:20210227100850j:plain

 

奈良美智さんが、3月台湾で行われる展覧会のため、現在14日間の隔離生活を過ごされている。その様子twitterに毎日UPされていて興味深い。

  • 空港からは専用タクシーに乗せられて消毒液を浴びせられ隔離ホテルに連れてこられる。
  • 台湾用スマホに登録をさせられるらしい。
  • ご飯はお弁当で3回ドアの前に置かれている。3食、結構バラエティーに富んでいる。
  • 奈良さんはグルテンフリーをお願いしているとのこと。結構そのあたり柔軟に応じてくれるのか?!
  • ゴミは専用の袋が用意されていて、それに入れて部屋の外に。
  • 洗濯・掃除は道具が準備してあり自分で行ってる。(洗濯はもちろん手洗い。)
  • 朝夕の検温義務あり。
  • 本人は廊下さえも出たらダメ。ホテルスタッフさんとも接触禁止。だから、お弁当を取り時廊下を見られるのが嬉しいと書いてあった^^
  • 部屋にはお菓子やカップ麺も用意されている。
  • 台湾に住む友達からの差し入れOKな様子
  • ホテルの部屋の様子は写真がほとんど無くわからない。ただ窓がすりガラスで外が見えないとあった。窓は開けちゃダメなのかな…だとしら私はツライ。
  • スターバックスを頼んだと記載があって、そういったことは頼めるのか?!と期待が高まった。
  • ホテルではNetflixや読書、奈良さんの場合アーティストさんなので絵をかいたりして過ごしている様子。
  • 2週間後に生身の人間にあったらどんな感じかとおっしゃっていたが、本当にそうよね。

奈良さんはそもそも一人で過ごすのが好きなので、苦にならないとおっしゃっているが、自分は耐えられるかなー。一緒に友達と到着して部屋だけ別とかだったら、一緒に頑張っている人もいると思って過ごせるかな。電話したりとか。

台湾ドラマは見放題だなーとか。

台湾では芸能人も海外行ったら、帰国時には隔離生活を送っているようです。

奈良さんのような世界的アーティストでも14日間隔離生活を行っているのに、いつぞやか日本の元?政治家(先日、会長やめた人)が台湾に行ってたけど隔離なかったよね。やってみたらよかったのに。

 

奈良さんのツイッターはこちら。↓

twitter.com

新型コロナ、こんなに長く&どこにも行けなくなるとは…

f:id:tomo_JPN:20210225220737j:plain

コロナが始まって早1年。昨年の緊急事態宣言は4月だったから、それから考えても1周回った感。こんなに長くなるとは思わなかったよ。

SARSも初めて聞いた時、スゴイ怖かったけど半年で終息。早くに収まったからなのか、今も薬もなければ治療法もわかっていない。

そう思うと今回の新型コロナウィルスはすごい感染力だし、反面医療のが発達との戦いにも見えるなあ。

SARSの時は海外への移動もできて、私も当時台湾に行ったくらい。

しかし今回は、国内移動もままならず…

この一年、行動が制限されているから、写真の隅田川を何回散歩で行ったり来たりしたことか。うちは江東区墨田区中央区の3区の区境なので、この一年ほぼこの3区を行ったり来たり。

テレワークで太りそう…と思って、歩き続けて、ヨガやってたら2キロ痩せてた。

何の話よ…。

今年も海外行けなかったら、マジでもう耐えられない!!!!!

私、アレルギーがあるのでワクチンは受けたくないと思っていたけれど、渡航でワクチン証明書が必要というなら、打つよ!

もうとにかく、遠くに行きたい!←

 

 

 

軽井沢が好き!冬の軽井沢は星空ツアーがオススメ!

f:id:tomo_JPN:20210223143839j:plain

 2020年12月初旬に軽井沢に行きました。

私、国内旅行に疎くて、あまり遠くに行ったことが無く、間違って着いた沖縄が最南端で北は福島くらいじゃなかろうか…

国内線の飛行機もたぶん片手くらいしか乗ったことないと思う。

そんな私が大好きなのは「軽井沢」。

理由としては、オシャレなお店もそこそこあって、自然もあるところ、そして何より東京から近い!!(=交通費が安い)

2020年は9月も行ったんですが12月も行きました。

冬は正直、やっぱりわかっていたけれど寒い!!!!長野の中でも軽井沢は雪が少ない地域といわれてますが、底冷え~。

でもそんな時だからこそ楽しみにしていたのが「星空ツアー」。

星野リゾートの中にあるスケートリンクで星を見るというものですが、ほんとーーーーに素晴らしかった!

夕方ホテルにいたら電話がかかってきて、「もしかしたら雪が降ってしまうかもしれないので、キャンセルすることもできますがどうしますか?」と聞かれたのですが、すでに星野リゾートに向かう時だったのでとりあえず向かいました。

私、フィンランドにオーロラ見に行って見えなかったんで嫌な予感がしましたが、行く途中から星がちらちら…

現地ではホカロン、足用ホカロンもいただき、準備万端。スケートリンクの横にカフェがあるんですが、そこの電気を消した途端!!!

リアル、プラネタリウム出現!!まさに星が降ってきそうな勢いでした。

口開けてバカ面前回。

f:id:tomo_JPN:20210223145548j:plain

この写真は最新のIphoneを持っていた方が撮ってくださり、いただきました。(私のXRでは真っ暗にしか映らない…)

1時間ほどスケートリンク上で、ガイドさんが星の説明をしてくれたり、望遠鏡で星を見たりしましたが、ガイドさんの話がうまくて楽しかった!

途中、流れ星が見えたりしていた模様。(私は見えなかった…)

地球って意外に回るの早いのね。って思った(星の位置がどんどん変わる)

都会っ子なので、基本あまり自然に興味が無いんですが、これは本当に参加してよかったです!

帰りはアツアツのお蕎麦を食べて帰宅(ホテルに。)。

冬に軽井沢に行くときは星空ツアーおすすめです!

セシルホテル失踪事件、本当に私にあった怖い話付き!

 

youtu.be

 安くてボロいホテルに泊まってそれを武勇伝化する年齢はすでに通り過ぎているので、こんな目に合うことは無いとは思いますが…

SNS繋がりで旅好きなフォロワーさんに紹介してもらった「セシルホテル失踪事件」。移動中にも見るくらいはまりました。

 

話の概要:

2013年2月にカナダに住む中華系の女性が旅行中のLAで失踪。女性の遺体は、LAにあるセシル・ホテルの屋上の貯水槽内で遺棄されて発見される。同ホテルの宿泊客の部屋の水の出が急に悪くなり、出てくる水は濁っている。(気持ち悪!!!)

で、ホテル側は屋上の貯水槽を見たところ遺体が…。これは実話です。

詳しくはwikiを…

ここを定宿にしている客の質の悪さや治安の悪い地域に隣接しているため、こんな事件が起こる前からこのホテルでは事件が起こりまくり。それなのに、ホテルはそのまま、あろうことかロビーを2つに分けて、1つは新しいホテルとして開業し客を集めたという…。こわ!!!

すでに閉業していますが、名前を変えた「Stay on Main」で検索すると

Agodaにはまだ掲載されていて日本人の口コミが!!

「満足」と書いている人もいて「あほか!!」と思ったわい!

https://www.agoda.com/stay-on-main-hotel/hotel/los-angeles-ca-us.html?cid=1844104

 

まあ私もこの事件を知ったのはつい最近のNetflixの広告で知ったくらいなので、

知らなかったら?

若くてお金が無かったら?

と可能性を考えてしまいます。

事件が起きたセシルホテルは1階のロビーはとても豪華でそれに騙され、いいホテルに来た!と思ってしまう人もいたようです。

私も過去に香港で泊まったホテル、1階のロビーはとってもきれいで、割と安かったので期待が高まりましたが、部屋に入ってびっくり。古いし狭いし…(なんか部屋が三角だった…)1泊で本当に良かったと思った覚えがあります。

 

台湾で私も本当に安いホテルに泊まって怖い思いをしたことがあり、それ以来あまりに安いホテルはセキュリティが心配でやめました。

ある時、台北滞在中、夜中にホテルに帰ってきたらロビーに台湾人らしきおじさんがいて、私がカギを取って部屋に戻ろうとしたところ、おじさんが

「日本人?何号室?」ってロビーにいたスタッフに聞いていて、

やばー!早く部屋に行こう。とそそくさと部屋に戻ったのですが、夜中にドアをドンドンと何度も叩かれ、ドアのノブもガチャガチャ!

って…もうホラーの世界です。

部屋の鍵も簡易的な感じだったしチェーンはしていたけど、ドアは木だったので、

壊されたら?!

と思ってそーっと椅子とか机をドアに押し付けたことがあります。

そもそもフロントが部屋を教えちゃうことがどーなの?

本当にあった怖い話です…皆さま、お気をつけください…

 

コロナ禍で再発見!地元のお店(21)とろけるプリンが嫌いな人に!

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by prego_1 (@prego_1)

www.instagram.com

よく行く深川図書館の斜め前にあるTOKAKU coffee+さん。前は違うコーヒーやさんでしたが、いつの間にかリニューアルされてました。

清澄白河では有名なARiSE Coffeeさんが運営されているようです。

なのでコーヒーが自慢なのでしょうけど、私は完全に写真のプリン狙い。

Instaを見るとここでは皆さんプリンを食べているようで、どんなもんかと試してみたかったのです。

正確には「ブラジル・プジン」。名前の通り、ブラジル家庭のおやつだそうです。

固めプリンと苦めのキャラメル、土台はスポンジ。どっしりした重さを感じるプリンなのですが、甘さは控えめなのです。

私、トロトロプリンが苦手な私にはちょうどいい~。

コーヒーも何種類かあって、好みを言えば選んでくれます。

お休みの日はいつも混んでいるので、入れるかどうかは運次第です。

 

 

プリン本

プリン本

  • 発売日: 2019/11/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

ミモザはなぜこんなにカワイイの?ミモザのリース作り

 

f:id:tomo_JPN:20210221145047j:plain

ミモザのリースを作るワークショップに参加しました。

ここ1年の中で一番集中したよ、ほんと。

在宅勤務ってどんなに忙しくても、なんか集中力切れるのよね…途中でネット見たりして…

そして今年に入って一番楽しみにしていたイベントでもありました。

ワークショップは青山にあるお花屋さん&雑貨店sarasa design Labさんが開催。5人のみという少数制で開催してくれ、実施の日はちょうどすごく温かくでドアを開けてくれていたので換気もばっちり!

f:id:tomo_JPN:20210221150330j:plain

実はこのワークショップ、本当は3月に開催予定だったのですが、暖冬でミモザが思った以上に早く咲いてしまい2月に前倒しに。

生ものだから難しいですよね。

さて、リースですが、作ったのは初めて。

何が難しいってお花とグリーンのバランス。

お花が混んでる部分と空いてる部分があって、お花を先に使いすぎたりバランス間違えると最後の方でお花がないーー!みたいなことに。(はい、私、最後に花が足りなくなり、足していただきました…)

全体的に同じバランスで、しかもグリーンとの色合い、途中につぼみを入れて…とか一応考えてやってるはずなのに、完成してみると、あれ?って感じ。

参加者全員、目の前の花と格闘し無言で2時間作業してました(笑)

こういう集中力、好き。

ミモザの黄色はすごくパワーと感じるな~。見ると元気が出る!